電子タバコで禁煙ができるか否か? -昨今の電子タバコのブーム- その1

FastTech - Vaper's one stop shop - great prices and free shipping

電子タバコで禁煙ができるか否か? 最近は喫煙者で禁煙したいと考える人は多いと思いますが、実際に行動を起こした人はどれくらいでしょうか。

できれば禁煙したい。この「できれば」というのが曲者で、漠然と思っているだけで心の底から本当に止めようと考えている人は少ないのではないでしょうか。

僕も「できれば」と漠然と思っていた人でした。ニコチンに依存しているという意識はありませんでしたし、身体がだるいとか咳が止まらなくて痰がよくでるなんて症状もなし。身近な人からタバコ臭いと言われるくらいだけが自分にとってのタバコのマイナス部分で、禁煙する自分への言い訳が足りなかった気がします(笑

そんな僕が普通の煙草、いわゆる”リアタバ(リアルのタバコ)”を吸わなくなったのは”電タバ(電子タバコ)”のおかげと言い切れます。ただ、正確には禁煙とは言えないかもしれません。電子タバコで喫煙していますから :)

ただし、電子タバコの煙は煙であって煙ではないです。煙のように見えるミストです。ミストと書くと霧や水蒸気を吸ってるのか?と思われがちですが、電子タバコはベジタブルグリセリン(VG)やプロピレングリコール(PG)というものを気化して吸います。

当然のことながらこの偽物の煙に煙草で最も有害なタールは含まれません。じゃあ、全く有害な物質は入っていないのか?と聞かれると、後でそのあたりを紹介するつもりですが、今のところグレーなんですよね(笑

電子タバコ

日本で電子タバコが紹介された頃、ニコチンが検出されたとか煙草よりも有害な物質が検出されたとかといって少し話題になりました。ニコチンそのものは確かに劇薬ですが、リアタバにはもちろん、ニコチンパッチにもニコチンガムやニコチン飴にも入っています。ニコチンが検出されて騒がれたのは、日本が薬事法でニコチンの販売を厳しく制限していることが大きかったのだと思います。一般で販売すれば違法になりますから。

有害物質の検出については定かではありませんが、今から思えば確かに初期の電子タバコに使用されていた中国で作られたリキッドに何が入っていたか分かったものではありません(笑

この初期の電子タバコを購入した人は多いと思います。僕もその一人です。ロクに煙がでないばかりか、無理に吸いすぎて何だか気分が悪くなった記憶があります・・・。

物珍しさでかなり売れたと思いますが、電子タバコを禁煙のためのアイテムにと考えていた人達にはまったくの肩透かしな代物だったはずです。

しかしそれから数年が経過し、そんな肩透かしな代物だった電子タバコが再び禁煙に有効なアイテムとして注目されています。

それどころか、ひとつの新しい嗜好品や文化としてヨーロッパやアメリカを中心にブームとなっているのです。

つづく