FastTechで電子タバコのメカニカルMOD一式を揃えてみる

FastTech - Vaper's one stop shop - great prices and free shipping

FastTechといえば当ブログでも度々取り上げている主にエレクトロニクス関連の商品を扱う総合ショッピングサイトです。
僕はFastTechで今までメカニカルModにリビルダブルアトマイザー、ドリップチップ、eGo系バッテリー等々の電子タバコ関連の商品を色々と購入してきました。近頃たまに目にするようになったVAPEやらICE VAPORやらと紐付けされているX6という電子タバコのバッテリー本体も買ったことがあります。FastTechでX6を買ったのは去年の9月頃で、日本円で1500円くらいでした。

X6のことはさておき、僕がFastTechで買ってきた電子タバコ商品の中でも満足度が高かったりして今でも使用頻度が高い商品、特にメカニカルModをFastTechで初めて購入する方の参考になるような商品を今回は挙げてみたいと思います。

それではまずメカニカルModの本体から参ります。

Astro Style Telescopic Mechanical Mod

Astro Style Telescopic Mechanical Mod

AstroスタイルのメカニカルModです。お勧めポイントはチューブを伸縮させることで18350サイズから18650サイズまでの充電池に対応できることと作りがしっかりしていることです。ファイアリングスイッチのロックリングがリバース(逆ねじ)タイプでないことが少し残念ですが、使っていて気になるほどではありません。

FastTech SKU(商品管理番号)は1622600になります(FastTech内でこの番号で検索できます)。

メカニカルMod本体をもうひとつ。

Nemesis Style Mechanical Mod

Nemesis Style Mechanical Mod

NemesisスタイルのメカニカルModです。こちらも18350から18650まで対応できますが、チューブを組み換えることで長さを変えるタイプとなります。ファイアリングスイッチをマグネットパーツに交換したときの記事を以前に書いていますのでこちらも参考にしてください。

FastTech SKU(商品管理番号)は1448300になります(FastTech内でこの番号で検索できます)。

また、このNemesisスタイルのメカニカルMod用のアルミニウムチューブも購入しましたがお勧めできます。見た目が変わることでアクセントになりますし、重量が軽くなるのも良いですね。カラーも数種類あるのでお好きな色をどうぞ。精度も良かったです。

3-Piece Anodized Aluminum Tubes for Nemesis

3-Piece Anodized Aluminum Tubes for Nemesis

FastTech SKU(商品管理番号)は1644200になります(FastTech内でこの番号で検索できます)。

この二つのメカニカルMod以外のメカニカルModもいくつかFastTechで購入していますが、その中でも総合的にお勧めできるものということで選ばせていただきました。FastTechで売られているメカニカルMod全てを購入して試しているわけではありませんので、他にも良いものがあるかもしれません。最近だとTree of LifeスタイルのメカニカルModも気に入っているものの一つですが、特に初めての方に勧められるかと言われると微妙なので今回は外しました。

では次はアトマイザーを2種類いきます。

Trident Stainless Steel Rebuildable Atomizer

Trident Stainless Steel Rebuildable Atomizer

スタイルと書かれていませんがこれも勿論クローン系でございます。このリビルダブルアトマイザーの良いところはエアホールの調整用のリングの位置次第でシングルとデュアル両方に対応できることですね。また穴の大きさも複数ありますので好みに合わせることが可能です。

好みの問題でもありますが、シングルのマイクロコイルに一番大きいサイズの穴を片側という運用でも十分なミスト量と味わいを得ることができました。この場合、直接肺にミストを入れるような吸い方にも適していると思います。

些細なことですが僕が購入したものは写真にあるような刻印はありませんでした。無しで全然良かったですけど。

FastTech SKU(商品管理番号)は1418702になります(FastTech内でこの番号で検索できます)。

V9 Rebuildable Dripping Atomizer

V9 Rebuildable Dripping Atomizer

FastTechで6ドル以下で購入できるこのV9 RDA(リビルダブルドリッピングアトマイザー)は見た目に特徴があるわけでもありませんし構造に特筆すべき特徴があるわけでもありません。それどころかネガティブポスト(-極)が2つある3ポストタイプなのでデュアルコイルにしたいところですが、このV9、エアホールが片側にしか無いんですよね。それに調整用のエアホールの穴も3つありますがどれもほぼ大きさが同じでおまけに小さいです。

良いとこなしに聞こえますが、シングルコイルで運用し調整用のエアホールの穴を少しだけ大きくしてやれば化けます。ということでイレギュラーではありますが、お勧めとさせていただきます。FastTechで僕が買った中では何だかんだで一番良く使っているアトマイザーですねえ。価格も安いので気兼ねなく外に連れていってます。そういや海外旅行のときにも連れていきました。万が一飛行機に持ち込みできなかったときのことを考えてコイツを選びました。結果、そのときは大丈夫でしたけどね。

FastTech SKU(商品管理番号)は1391004になります(FastTech内でこの番号で検索できます)。

FastTechにはこのようなタイプのアトマイザーが数多くありますがメカニカルMod本体と同様に総合的なお勧めということで選びました。見た目がかっこいいやつも沢山あるんですよ(クローンですが)。

尚、最初からコイルとウィックがセッティングされていますがそのまま使うなら組んだ状態で必ず抵抗値を測定してショートしていないか確かめてください。お勧めは付属のコイルとウィックは使わず、バラして一度洗浄したあとに28ゲージ(0.32mm)のカンタル線とコットンウィックでビルドするという方法です。といいますか、ある程度これを前提にしてこれらのアトマイザーを選んでいるというのもあります。

この場合でもアトマイザーを組んだ状態で抵抗値は測定してくださいね。ベース部分だけで測定したときは大丈夫でも蓋をするとコイルが蓋のどこかに接触してショート状態になったりもしますので。

あと今回Genesis(ジェネシス)タイプのアトマイザーを入れなかったのはセッティングの敷居が高いと思ったからです。ご了承をば。

次はドリップチップですが、これは敢えてお勧めするものでもないんですが、もし以下のようなタイプの電子タバコ用のドリップチップをお探しならということで・・・。勿論、僕はお気に入りです。
1.太めが良い。
2.内径も大きいのが良い。
3.短めが良い。
4.吸っていて熱くならないのが良い。
5.何となくアクリルは嫌だ。

POM Drip Tip for 510 / ViVi Nova / DCT

POM Drip Tip for 510

ホワイトもありますのでお好きな色で。僕は両方の色を買いました。

FastTech SKU(商品管理番号)は1447706になります(FastTech内でこの番号で検索できます)。

さて、メカニカルな電子タバコをするなら次の商品は必須かと。
Atomizer Resistance Tester (Ohm Meter)

Atomizer Resistance Tester

手巻きのアトマイザーの抵抗値を測定するのに使います。抵抗値テスターを使用することでアトマイザーの抵抗値が低すぎたりショートしていたりといったことが分かります。マストアイテム。単三電池2本で駆動するタイプでコンパクトなのでお勧めです。

これらの他に電子タバコ用リキッド、充電池、充電器、カンタル線などのコイル部材が最低限必要ですが、これらはFastTechで購入せずに是非国内でお買い求めください。プロミスト様などがお勧めです。

ニコチン入りの電子タバコリキッドは海外のショップで購入できますが先日のこのブログの記事なんかも良ければ参考にしてください。
日本語で注文できるイギリス製の電子たばこリキッド

最後になりますが、まだ全く電子タバコに関する知識がないという場合やアトマイザーのコイルの手巻きやバッテリーに関する知識がないという場合は日本語電子タバコフォーラムのJP Vapersを覗いてみることを強く強く推奨いたします。

それではFastTechで良きメカニカルModライフを!
※当ブログは電子タバコのクローン製品を全面的に推奨したり擁護したりする訳ではありません。

Grab coupons for Top Mods, Atomizers &Accessories @GearBest top e-cigs.