電子タバコのブログを始めてから1年経ってました(ついでに禁煙も)

FastTech - Vaper's one stop shop - great prices and free shipping

電子タバコのブログを始めてから1年が経過していることに先日気が付きました。そういえばいつから電子タバコブログを始めたっけ?と調べてみたら2013年の5月5日の子供の日に初投稿。1年と2ヶ月経過しておりました。この電子タバコの話題を扱うこのブログを始める10日ほど前にリアルなタバコから電子タバコに移行したので禁煙期間も1年2ヶ月ということになります。以前にも多分書いていますが電撃的にリアルなタバコから電子タバコに鞍替えしたので禁煙という意識は無いですけどね。吸うものが変わっただけ。

VOLCANO INFERNO
電子タバコ生活と禁煙の始まりはこのVOLCANO(ボルケーノ)社のINFERNO(インフェルノ)からでした

電子タバコ生活開始から今までに色々と変化がありました。所謂eGoバッテリーと呼ばれる電子タバコからスタートした僕の電子タバコ生活は徐々にその物欲を加速していくことになるのです・・・。
まずは国内の電子タバコ店で可変電圧なeGoバッテリーやノンニコチンな電子タバコリキッドを購入するところから始まり、自作リキッドを試してみたくなって電子タバコ用のリキッドのフレーバーを購入。扱いを間違えると電子タバコは爆発するということを知って必要以上にびびりながら電子タバコを吸っていた日々。このびびりのお陰で電子タバコの知識を深めることができたといっても過言ではない気もします。怪我したくないから真剣に色々調べましたからね。
可変電圧の普通のeGoバッテリーの購入で満たされたはずの電子タバコへの物欲でしたが、しばらくすると新たな物欲が発生し、気が付くとより高機能な可変電圧バッテリーModを購入していました。といっても高価なProvariなどではなく、皆が皆あまりに良いというので天邪鬼的にProvariならぬ逆張りでZMAXなんかを選択。実際には予算の都合も・・・。
ZMAX MINI
抵抗値もチェックできるので初期の頃はよく活躍したSMOKのZMAX Mini

そしてその次にやってきた電子タバコの物欲は定番のメカニカルMod。

メカニカルMod
サイドボタンで18350から18650まで対応できるテレスコピックという条件で選んだ最初のメカニカルMod

もうここまできたら電子タバコという名の沼に腰まで浸かってしまってます(笑。手巻きコイルなGenesisやドリッパーに手を出し、ノンニコチンの電子タバコリキッドで満足していた筈なのにニコチン入りのリキッドを海外から購入。ここで新たな電子タバコリキッドという名の底なし沼が出現です。美味しいリキッドを探すための終わりが見えない旅とも言います。
ボトムフィーダーな電子タバコバッテリーModに目移りし、パイプ型の電子タバコバッテリーModも欲しくなり、FastTechでは出来の良さそうなクローンを探し、最近では26650サイズのメカニカルModへの物欲が増える一方です・・・。
パイプ型Mod
パイプ型のバッテリーMod。木の感触が電子タバコの物欲を満たしてくれます

とまあ、つらつらと書きましたがこれからも当ブログを宜しくお願いいたします。<(_ _)>