電子タバコのドリップチップを作っている動画をピックアップしてみました

FastTech - Vaper's one stop shop - great prices and free shipping

電子タバコのアトマイザーに使用するドリップチップは多種多様で星の数とは言わないまでも相当な数が流通していると思われます。素材だけでもステンレスやアクリル、ブラス、銅、木、石、セラミック、ガラスなどなど、挙げていけばキリがありませんし、形に至っては素材の比ではありません。一部のクリアロマイザーのように専用のドリップチップが付いているものを除けば510規格サイズのドリップチップは電子タバコの多くに必要とされるパーツでありますのでいくつも家にドリップチップが転がっているという方も多いのではと。かく言う僕も目の前だけでも10個くらいドリップチップが転がっています(笑

そんなある意味ありふれているドリップチップですが、そのドリップチップがどのように作られているのか想像したことはありますでしょうか?

というわけで今回は電子タバコのドリップチップを作っている動画をピックアップしてみましたので良ければご覧になってください。

Making Drip Tips

20分近くある動画ですが気が付くといつの間にか最後まで見てしまっていました。8分30秒辺りからの素材を削っていく様は職人さんという感じで見とれてしまいます。出来上がったドリップチップも美しいです。

fabrication drip-tip

金属の棒からドリップチップが出来るまでをさくっと見せてくれています。

The making of a GSV Drip Tip

最後はドリップチップが削られていく様子よりも工具や機械の動きに見とれてしまうような動画です。