FastTechの2種類のHANA MODZのクローンを比較してみました

FastTech - Vaper's one stop shop - great prices and free shipping

FastTechで購入した2種類のHANA MODZのクローンを比較したレビューを書いてみたいと思います。
2種類のHANA MODZクローンはそれぞれFastTechのSKU番号で書くと1729200と1893401で1729200は以前に単体でレビューしたことがあります。


左側がSKU:1729200、右側がSKU:1893401

今回新たにFastTechで購入したHANA MODZクローンは18650サイズの充電池を使用する可変電圧タイプのボックスModです。因みに可変電圧(ボルト)と書きましたが実際には電力(ワット)の数値を調整します。まあ電圧も変わるわけですから間違いでもないのですが。

並べた写真を見ていただければ高さの違いが一目瞭然ですね。僕の手だと小さいほうは手のひらに隠れますが大きいほうは少しはみ出します。重さは40gほど違うのですが大きいほうが明らかに重たく感じるということはないです。

と、ここまで書いていて気が付いたことが2点。1点はHANA MODZだったのがH-ANA MODZと変わっていること。いやいや、写真の本体のプリントはHANA MODZのままなのですが(笑。訴訟やら面倒だから名前だけ変えてしまえということだったのでしょうか。何とも中途半端です。
2点目はSKU:1729200はリチウムポリマー内蔵だったのが18490サイズの充電池がビルトインされているタイプに変わっていることです。商品ページにアップされている写真では中が分かりませんでしたが記述が正しければ充電地を交換できるタイプになっていると。これはやられました。また欲しくなってしまいます…。

では気を取り直して続きを書いていきます(既にモノが違うという事実は知らなかった体で)。

細かいところですが液晶の向きが違いますね。どちらでも構いませんが僕の持ち方と好みでいうとSKU:1729200のようにボタン側が液晶の下のほうがしっくりきます。
次は写真2枚を一度に。違う向きでの大きさの違いが分かると思います。

上の写真で気付いた方も多いと思いますがSKU:1893401はアトマイザーの接続部分にスリットが付けられています。空気の流れを作れるこういったスリットは一部のアトマイザーで必要ですが最近は殆ど無視していい気がします。それよりも重要なのは次の写真です。

コンタクトピンの調整ができないのであります。僕の場合は3ヶ月ほど使用してきて特に不便はありませんでしたしアトマイザーが浮いて見た目が悪いということも幸いありませんでしたが、それでもここは頑張ってほしかったところですね。


SKU:1893401のフタを開けてみたところ。

中は思っていたよりは綺麗でした。充電池はModに最初からセットされていたものでLG電子製でしょうか。容量はカタログ上は1500mAhということで若干少ないです。普段はSONYの2600mAhのやつを使っているのですが比べてみるとバッテリーの減るスピードがだいぶ違いますね。

そうそう、フタなんですが片方のネジ穴がごくごく微妙にズレているのかそこのネジがピタッと収まった気がしません。一見して殆ど分からないくらいですが、人間の感覚って結構そういうの分かるじゃないですか。個体差もあるかもしれませんがまあクローンだしこんなものだよねと割り切っています。もし3万円近く払ってこれだとちょっとがっかりするところかも。


mini USBの充電ケーブルを挿してみたところ。

さて最後の写真です。ケーブルに少し隠れたところが赤く光っているのが分かりますでしょうか。充電中はここが赤く光るのです。充電が終わると消えます。よーく見てみると充電完了後は緑のランプが点いていました。結構見づらいです。

SKU:1729200のほうはコネクタの横にランプが入った穴が開いていて充電中は赤く、充電が終わると緑に光るようになっていました。と、ここで3点目の気付きが。今のSKU:1729200はその穴が無くなっています…。んー、これはちょっと残念です。

おっと、最後になりましたが同じ抵抗のコイルのアトマイザーを使っても表示に違いがあったことを書いておきます。SKU:1729200のほうがSKU:1893401よりも抵抗値が15%ほど大きく表示されます。テスターで測るとSKU:1893401で表示される値に近しいのでSKU:1729200のほうが誤差が大きいといえます。これは今のバージョンでは違っているかもしれませんので参考までに。

■まとめ■
FastTechのHANA MODZクローンのSKU:1729200の良さはそのコンパクトさ。対してSKU:1893401の良さは18650サイズの充電池を使えることによる電池もち。僕の持っているバージョンだと内蔵リチウムポリマーですが、現行のが18490サイズの充電池を使えるというのであれば予備を持つことで電池切れの心配も少なくて済むのでSKU:1729200の方に軍配をあげたいところですが、SKU:1893401も滅茶苦茶大きいというわけでもないですし絶対的なバッテリー容量では勝ちます。つうことで甲乙つけがたし。あとは好みの問題ですかね。

僕は会社では主にSKU:1893401を持っていって使っていて、オフのときの外出時であまり吸うタイミングが無さそうなときはSKU:1729200とリキッド1本持ってお出掛けという感じで使っています。