18650バッテリーの被膜を交換してみました

FastTech - Vaper's one stop shop - great prices and free shipping

18650バッテリー

電子タバコで使用するバッテリーがビニールのような被膜で覆われていることはご存知だと思いますが、これは飾りとかではなく覆う必要があるんですね。被膜が破れて中の金属部分が露出した状態はバッテリーをショートさせる原因になるのです。

まあバッテリーの扱いには普段から気を付けているしウチの子に限ってまさかな(笑。なんて風にずっと思っていたわけですが、先日、手持ちのバッテリーをじっくりチェックしてみたところ・・・

バッテリー被膜破れ1

破れとるやんけっ!

バッテリー被膜破れ2

こっちもかいな!?

計2本の18650バッテリーに小さな被膜破れを発見しました。ほんとに小さなもので針の先でひっかけたくらいの小さな破れでしたが、ビビリ念のためこのバッテリーの使用を中止し1本ずつシリコン製のケースに放り込みました。

お払い箱にしようかとも考えましたが体感できるほどの劣化もまだないので被膜を交換という手段を選択。バッテリーをラッピングするための熱収縮(シュリンク)チューブというものを購入し作業に挑んだ次第です。

バッテリー被膜除去

まずは古い被膜を取り除きます。作業は周りに金属製ものが無い場所で行っています。被膜は手で破れますので金属のハサミとか使わないように!

写りが悪いですが下にある黒いドーナツ状のものはプラス極に被せてある絶縁材で、破損していなかったので今回は再利用しています。本当は新しいものを使ったほうがいいと思います。

バッテリーシュリンク直前

熱収縮チューブをバッテリーに被せ、ドーナツ状の絶縁材をプラス極に載せた状態でドライヤーの温風を当てます。このような作業用に専用のヒートガンというものがありますが、持っていないためドライヤーで代用しています。

ドライヤーの熱で収縮させることができるのか不安がありましたが、温風を当てるとあっという間にチューブが収縮していきました。バッテリーは高温に弱いためなるべく温風を当てる時間を少なくしたかったのでこれ幸いです。

バッテリーシュリンク後プラス極

バッテリーシュリンク後マイナス極

バッテリーシュリンク完成1本目

出来に若干の不満があるものの1本目の作業が終了。

バッテリーシュリンク全部完成

2本目も無事作業が終わり、SONYとLGの18650バッテリーが復活!最終検品後にバッテリーのメーカーやら許容アンペア数やらを分かるように印をして完成です。

※実際に僕が行った作業を書いておりますが、工作のエキスパートではありませんので何かしら間違いがあるかもしれません。同様の作業をされる場合は是非今一度お調べになられた上で慎重に作業願います。

最後に、今回購入をした18650バッテリー用の熱収縮チューブは透明ですが、これから購入を考えていらっしゃる方には色の付いたチューブをお勧めします。理由は1つ。

  • 透明だと被膜に傷が入っていても分かりにくい。

こういうのって実際に使ってみないと気付かないものですね・・・。

 

この記事に出てきた熱収縮チューブと18650バッテリー用のシリコンケースは姉妹サイトで過去に紹介していますのでリンクを載せておきます。ご興味があれば覗いてみてください。